久しぶりのレントゲン

 2016-04-24
ここのところの撮影ツアー、撮影実習、撮影セミナーなどなど重い機材を伴った仕事が続きました。
うれしい悲鳴ですが、それと引き換えに腰の方も悲鳴を上げてしまい、座っているのがつらい状態に。
とはいえ桜の終焉と新緑の季節。
家でゴロゴロするわけにもいかず、撮影続行。
久しぶりのホームグラウンド天川村へ。
ザックを担いで(腰痛いのに)6時間くらい撮影。
翌日はついにドック入り、レントゲン。
診察の結果、やはりショルダータイプのカメラバッグは禁止令が出ました。
しかし、久しぶりに自分の背骨写真を見ましたが非常にきれいに並んでいました。
各骨の間隔もきれいで軟骨も減っているところがなく、大丈夫との太鼓判。
しかし痛いので痛み止め、お決まりの湿布をもらい腰にはベルト、ひとまずは安心。
山用ザックはカメラの出し入れが不便なので、何か工夫をしようと今思案中。
どなたか、アウトドア用品メーカーの方、山で使えるカメラザックの開発、一緒にやりませんか。
カメラ用品メーカーのものは簡単に出し入れができても腰で担ぐことを考えていないので、すぐに肩に来ます。
とにかく、早く痛みが取れますように。
s-1H2A9271DのコピーキヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

よく考えて行動!

 2015-08-14

夏になるとこの花、ホテイアオイの季節となります。s-IMG_1658Tのコピー

奈良も橿原市にその場所はありますが、マナーの悪い人が多すぎます。
昨年なんかは、三脚禁止!と友人が注意をすると、そんなこと書いてましたっけ、とうそぶく高齢の男性がいました。
その場所を離れるとまた同様に三脚撮影をしていました。
もともと三脚撮影可能な場所でした。
三脚が悪いのではなく、それを使いこなす人間が悪いわけで通路(あぜ)をあけないからトラブルになり、苦情が行き
市はこのような措置を取ったのでしょう。
いい作品を撮りたい気持ちはわかりますが、その前にルールを守れる人間であってほしい。
どう見ても、自分の親と同年代あたりの人がそんなことを平気でやっている。
自分だけ良ければそれでいいんですか?
情けない。
カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

梅雨明けしましたね

 2013-07-09
近畿地方も梅雨明けしました。
暑い毎日が続きますが、熱中症対策、特に水分補給は十分にしましょう。
明日から、3日間、姿をくらまします。
次は、土曜日に帰ってきます。

s-IMG_2946のコピー
奈良県下北山村 前鬼川                                               光の軌跡
カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

明日から山に入ります

 2013-06-03
明日から音信不通になります。
ご用の方は留守電にお願いいたします。
電波が届けばご返事します。
または、メールでも結構です。
4・5日が山、6日は写真教室で大阪、7・8日がまた山にいます。
よろしくお願いいたします。

s-1H2A3267のコピーキヤノンEOS5DマークⅢ  EF24-105/4L IS           夏の朝    天川村役場にて
カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

撮影で思うこと

 2013-04-23
映画とかドラマで以前に、『この桜、また来年会えるだろうか』『このサクラ、あと何回見れるかなぁ…』という
セリフを耳にしたことがあります。
撮影しているとき、最近、これと同じようなことを考えるときがあります。
もちろん、風水害で風景は大きく変わるときもありますし、百年以上生きてきた見事な桜の巨木も一日にして折れてしまうこともあります。

それとは別に自分の命の長さを考えると、ほんとうに、あと何回撮れるだろうか、と考える瞬間があります。
だから最近、シャッターを切る瞬間がとても大事に思えてくるのです。
自然が今、見せてくれている風景を大事に撮って行こうと・・・・。
そんな思いで撮ったのがこの一枚です。
峠に咲く1本の桜の幼木です。
この桜が大きくなってみんなに気付かれるころ、たぶん自分はこの世にいないんだろうなぁ、と。

s-1H2A0743のコピー
カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫