夕空の光景

 2017-01-22
風雪に見舞われた撮影の帰り道。
走る車の前方からオレンジの空が目に飛び込んできた。
雲が右から左へ次々流れ、稜線付近の雪が風に飛ばされオレンジに光っていた。
雲は留まることなく姿を変え、日没までわずかというところで不思議な形を見せた。
まるで、すごい形相の生き物が地上の物を飲み込みそうな、そんな光景が現れた。

s-DSC07865のコピーSONY α7Ⅱ  FE70-300/4.5-5.6 G OSS

カテゴリ :夕焼け トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

灯台の火

 2015-11-15
広大な大海原を眼前にするとホッとするのは山に囲まれた奈良県生まれだからでしょうか。
いつも囲まれているという意識があって広がる風景に心が落ち着きます。
昼間の美しい海もいいですが、灯台に火が入る夕暮れもいいものです。
そういえば昨年も今頃、灯台の火を撮っていました。
s-254A2373のコピー

カテゴリ :夕焼け トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

遥か彼方

 2015-08-25
台風です。
特に今回の台風ははるか離れたところで大雨を降らせています。
日本列島の地形の特性上、四国の南東斜面や紀伊半島ではとんでもない雨量を記録します。
天気予報はあくまでも予報。
雨雲レーダーなどをフルに活用して、大雨に備えることが重要です。
きょうの一枚は奥高野からのぞむ夕暮れの明石海峡大橋です。(真ん中の2本の支柱)
いったい何キロ離れているんだろう。
s-1H2A0752Gのコピー
カテゴリ :夕焼け トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

台風の前後

 2014-10-06
台風の前後天空を見ているとさまざまな発見があります。
台風は遠く南の方にいても、上空はその影響を受けさまざまな雲が現れます。
それと同時に、大気中のチリも飛んでゆき、美しい夕焼けが見られます。
天川村からの帰り道、香久山付近から見た二上山の日暮れです。
この美しいフォルムの二上山をきっと万葉びとも見つめていたのでしょう。

s-1H2A8253のコピー                                                                     奈良県橿原市
カテゴリ :夕焼け トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

夕焼け空

 2014-01-31
山の中に入って行って、厳しい冬の姿を撮影するのも魅力的ですが、遠くから雪を被った山脈を眺めるのもまた気持ち

がいいものです。

四季を通して繰り返される自然のドラマ、山そのもの、そこに生きる木や草や花、そして生き物たち。

遠くの夕暮の山脈を眺めるとき、太古からこの眺めは変わっていないんだろうなぁ。

自分が生きている時間が、いかに短いものか、そんなことを考えさせられます。


s-1H2A3103のコピー                                                 トワイライト 南大峰の山々
カテゴリ :夕焼け トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫