FC2ブログ

コウホネ

 2020-05-21
さわやかな風の季節。
籠ってばかりいるわけではありません。
裏庭に出て(奈良の田舎なので)柿の木の緑を見、気持ちいい青空に数少ないトリトンブルーのANA機を望遠レンズでながめ、
桜の木の生育、ぶどうの実り具合、紫陽花の花芽の様子などをながめながら、自宅待機(初の怪我、病気以外の)です。

ステイホームとかいうと自宅から出てはいけないと勘違いしている方が居られますが、籠ってばかりいると逆に病気になります。
太陽に当たり、新鮮な空気を吸ってリフレッシュすればいいんです。熱中症には気を付けましょう。
要は、ヒトとの接触(キョリ)に気を付けましょう、手を洗い(消毒し)ましょう、マスクをしましょう(まだAマスクは来ませんが(笑))ということです。
人を批判するのはやめましょう、それぞれが自覚を持って気を付ければいいんです。
相手は人ではありません、ウイルスです。

さてコウホネ。
初夏の水辺で涼しげです。
初めて見たのはたしか北海道のサロベツだったような気がします。
他にも、今からはカキツバタやスイレン、アサザなど被写体は豊富です。
今夏は正体の知れないマスクはせずに、かっこいいマスクをしながら撮影します。

s-DSC08229のコピーSONY α7RⅢ  FE100-400/4.5-5.6 GM OSS                                  2018.5撮影
カテゴリ :初夏の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雨とヤマボウシと新幹線

 2020-05-15
山の緑がその濃さを増すころ、天気図には梅雨前線が現れ始めます。
また、蒸し暑い季節の始まりです。
水辺ではショウブ、カキツバタやアサザ、コウホネ、スイレンなどこの季節ならではの花々も咲きます。
今はいつものようになかなか出かけることはできませんが近所でもいいじゃないですか。
公園など水辺をよく観察しましょう。
そしてよく見かけるのがこのヤマボウシ。
雨降りによく似合います。
新幹線 のぞみ の通過で雨つぶが宙を舞う。

s-DSC00003のコピーSONY  α9  FE24-105/4 G OSS                                                 2018・5    

カテゴリ :初夏の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ミズバショウ

 2014-05-10
ペンタックスリコー写真塾のあと、撮影に出かけてきました。
標高のある地点では、ミズバショウ、ザゼンソウ、キクザキイチゲそして新緑の中
ヤマザクラも咲いていました。
また、ヤマザクラや新緑のブナの木の根元には残雪もあり、大峰では味わえない新鮮な風景に出会えました。
標高があるためブナは新緑で目の覚めるような光景、ナラ系の木は芽吹いたばかりでまだ葉を伸ばし切っていない
何とも言えないまばゆい光景でした。
風はここちよく、ぜいたくな撮影取材となりました。
ミズバショウにレンズを向けたのは、何年ぶりだろう。
しかも西日本で、今の時期に撮れる場所があるとは。
これも自分で調べて、行ってみる楽しさかもしれません。

s-1H2A8344のコピーキヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4.5-5.6L IS                       岡山県北部
カテゴリ :初夏の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫