デジタルの可能性

 2009-02-22
きょうは、風が冷たかったですが山の上のほうはかなり高いところでないと雪はありません。
2月もいよいよ下旬です。もう1回や2回、寒波は来るのでしょうか?
一昨年のように、3月に雪が来ることを祈るのみです。

ところでみなさんは、フイルム派ですか、デジタル派ですか?
よく、質問されることのひとつにフイルムはなくなりますか?という質問です。
答えとして、私はいつもこう答えます。
『あなたが使わないとなくなりますよ』と。変な顔をされます。
でも、フイルムを今まで好きで使ってきた人がこんなことを言っていてはだめです。
誰も使わなくなったものをフジフイルムだっていつまでも作ってくれません。
だから、私は使い続けます。
フイルムを大伸ばした時の感動、空気感、色の深み、質感など、あの素晴らしさをあなたは忘れていませんか?

デジタルを私は否定しません。
むしろこれからはどんどん併用してゆこうと思います。
便利な部分はいっぱいあります。
たとえばISO。フイルムの場合は1本撮りきらないと、途中変更はできませんでした。
でも、デジタルは1カットずつ感度変更ができます。
たとえば、感度を上げることによって、滝の撮影の場合など低速シャッターでしか撮れなかったような
場面でも高速でシャッターを切ることができるようになり、新しい表現が可能になりました。
ノイズの問題など、まだまだクリアしてゆかねばならないことはたくさんありますが、かなり使えるところまで来たように思います。
しかし、データ保存の問題などデメリットも多々あり、まだまだ、改良されるべき部分も多くあります。

このような、メリット、デメリットは数え上げると山ほどありますが、しかしこんな面白い時代(フイルムとデジタルが同時に使える時代)に生きているんですから、私はむしろ面白がって、両方を使っていくつもりです。
ということで、きょうは新しいカメラを持って作例写真?を撮ってきました(笑)。


s-IMG_0057 コピー
キヤノンEOS5Dマーク2 EF24-105/4L ISO200 シャッタースピード1秒

s-IMG_0060 コピー
キヤノンEOS5Dマーク2 EF24-105/4L ISO6400 シャッタースピード 1/200秒

ほぼ同じ時間に同じ光で撮っています。あなたはどちらが好きですか?これがフイルムではできなかったことです。フイルムでISO6400なんて考えられなかったですよね。でも、私はフイルムも使います。あのフジクロームベルビアの仕上がりが好きですから!!!



カテゴリ :カメラ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ビッグニュースです

 2009-02-15
隔月刊写真誌『風景写真』や『家庭画報』、またカメラのナニワの情報誌『フォトモ(Fotomo)』の連載でもおなじみの人気上昇中の女性写真作家、林幸恵さんのビッグスライド写真展がカメラのナニワ心斎橋本店で始まりました。これまで林さんはフジフイルムフォトサロン大阪、東京、名古屋での写真展を皮切りにファースト写真集『夢色の世界』を出版し、その独自のやさしい視線で切取った作品で多くのファンを魅了しています。その実力は高く評価され、女性誌『家庭画報』に掲載されたり、2009年からは写真誌『風景写真』で1年間の連載もスタートいたしました。
その、林さんのご協力でカメラのナニワ心斎橋本店では大きな透過光のスライド作品を22点、展示中です。その一部をご紹介!迫力ありますよー!ぜひご覧あれ!
s-IMG_0002.jpg
s-IMG_0013.jpg
s-IMG_0016.jpg
カテゴリ :お知らせ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

凍れる森

 2009-02-05
s-IMG_1055 コピー 【素晴らしい出会い】
s-IMG_1066 コピー 【吹雪の贈り物】
s-IMG_1148 コピー 【秋をそのまま】
s-IMG_1125 コピー 【老樹冬物語】

ようやく、本格的な冬山の始まりです!
何回か挑戦していたのですが、寒波と休みが噛み合わず、かなりストレスが溜まっていましたが、台風のような低気圧が東に抜けて、目の覚めるような快晴の下、素晴らしい出会いがありました。
あの嵐が、山では吹雪だったんでしょうね。みごとな、雪と氷の世界でした。
国道を走っている時は、特に低温でもなく、雪の気配すらなく、あきらめかけていたんですが、やはり山は行ってみて、この目で確かめねばなりません。
25キロのザックを担ぎ、稜線にたどり着いたとき、目に飛び込んできたこの素晴らしい光景は、苦しい登りに耐えた者だけに、贈られる自然のご褒美だと思います。
さあ、みなさんもがんばって、登ってみませんか。

カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

暖冬か?

 2009-02-01
s-DSCN2944 コピー
もっと冷え込んでほしいなぁ

s-DSCN2953 コピー
一発の弾丸
  薬きょうが落ちていた!冬場は猟をしていることがあるので、要注意です。

今年は、一昨年を思い出させる暖かい冬です。
あの年は、1,2月に積雪が少なく、3月に雪が来たのを覚えています。
今年に入って、一度は寒波が来たのですが、そんなに長続きせず、凍った氷柱もそんなに発達しないうちに、すぐに溶け落ちてしまいます。困ったもんです。
今回の写真は、そんな中で、比較的合格点のつららです。
下の弾丸(薬きょう)は雪の中にありました。
冬場は、シカやイノシシをよく撃っているので、撮影の方は銃声がしたら、くれぐれも流れ弾に注意です。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫