大峰を吹き渡る風

 2010-06-06
季節ははや6月、平地では緑もかなり濃くなり初夏の暑さとなってきましたが、私が通う大峰山脈では山の花がつぎつぎにその可憐な姿を見せてくれ、息を切らして登ってきた私には、神様のごほうびのように思えてなりません。

この前に登った山では、エゾハルゼミの鳴き声も聞こえ、季節は春から夏へめぐって行きます。
山では、ウサギやアナグマ、ときにはニホンカモシカなどさまざまな動物とも出会います。
鳥の声に耳を澄ませば、疲れも忘れ、心が洗われるような気がします。

そうです、山の中では彼らのすみかにおじゃました、ある訪問者にすぎないのです。
そんなかけがえのない山を、彼らのすみかを守るべく、その素晴らしい季節折々の山を皆さんに伝えるべく
シャッターを切り続けたいと思う、きょうこのごろです。


秋の空を思わせる雲!
s-DSCN3548 コピー

おいしそうなきのこ!これ食べられるの?
s-DSCN3525 コピー
カテゴリ :緑の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫