厳しい吹雪のあと

 2013-01-29
インフルエンザの後、慣らし運転中の撮影。
車の修理が出来上がったと思ったら、今度は自分が壊れ(インフルエンザ)、なかなか平穏無事には事が進みませんが、立ち止まっている場合ではありません。
前を向いて、歩こう!一歩一歩、登る、息が切れそうになる雪山のように。

厳しいブリザードのあとに、やさしい雪のフォルムを見つけました。
自然が作り出すライン、フォルムは本当に美しい。

s-1H2A7444のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ EF100-400/4.5-5.6L IS  WB:晴天  天候:雪  
カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

撮影機材の軽量化

 2013-01-24
タムロンレンズの90ミリマクロ(272E)を入手したので早速テスト。
普通にマクロは面白くないので、朝の散歩時間に家の前の大和川でテスト。
川の水温と大気の温度差で川霧が発生。
マクロフォトらしくない1枚を撮ってきました。
かなりいい描写力を持っています。山用に合格です。
s-IMG_1694cutのコピー
キヤノンEOS5DマークⅡ タムロンAF90/2.8マクロ WB:晴天 天候:晴  奈良県大和郡山市

撮影後記:大和川というと日本の河川でいつもワースト3(いわゆる汚れている)に入っています。実際、ふだんめったに歩かない河川敷を歩きましたが空き缶、ペットボトル、ごみが詰まったゴミ袋、川沿いの草についたビニール、ひどいものです。そんな中、渡り鳥もいっぱい飛んできます。鳥はゴミを出していません。
すべて人間の仕業です。
世界遺産が3つもある奈良県。恥ずべき光景です。ちょっと悲しくなりました。

カテゴリ :レンズ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

寝込んでいました

 2013-01-22
インフルエンザの予防接種は済ませていたんですが、感染してしまいました。
高熱が、襲ってくると間違いなくインフルエンザです。
39度まで来るとさすがに体がだるく、特に関節が痛くなって動けません。
ようやく熱が下がったので、活動再開です。
みなさまも感染にはくれぐれもご注意ください。
ああ、山に登りたい
ほんとうにこんな状態でこのブログ書いてます
s-IMG_8611cut山名入りコピー
冬の大峰山脈                     気持ちいい眺めですよ、みなさんもぜひ大峰に行ってみてください
カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

よく冷え込んでいたけれど

 2013-01-18
雪はけっこう山間部で降り積もっていました。
朝 林道を走っていた時も-7℃でした。
ただ、現地着が遅くなってしまい、残念ながらモルゲンロートは撮れずじまい。
気持ちを切り替えて、今回もツララ撮影。きれいな彩雲も撮れました。(またの機会にお見せします)
きれいな氷が下がっていたので、なぜか望遠レンズで撮影。
最近、EF100-400/4.5-5.6L ISレンズにハマっています。(というか目が望遠レンズになっています)。
70-200もあるのですが、なぜかEOS5DマークⅢにはいつも100-400がくっついています。
このレンズをダメレンズという人がいますが、そんなことはない、いいレンズです。
私が使って証明しています。こういうデマを飛ばす人に限って、本当は使ったことないんですよね。
今回の遠征では550km走ってきました。いよいよあした、車の修理です。

s-1H2A7291のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS WB:晴天 天候:晴  奈良県天川村
カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

太平洋側を低気圧が通過

 2013-01-14
今日は奈良県の平野部でも雪が降りました。
移動性の低気圧が太平洋側を通過すると湿った雪が大量に降ります。
本来なら3月によくあるパターンです。
今日は大阪で仕事をしていたので、山に入れず、です。

ちょっと気温の高い日が続いていたので、ツララも大きいのが結構落ちていました。
その中でも先々週入った時に目星をつけていた谷筋には、申し訳なさそうに残っていました。
さあ、今週末は冷え込むだろうか。
s-1H2A7098のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ  EF16-35/2.8L Ⅱ  WB:晴天   奈良県天川村  天候:晴  手持ち
カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

浮島現象

 2013-01-12
遠征から帰ってきました。
今回の走行距離は845km。
朝の海での撮影は、予想以上に寒く、風邪をひきそうでした。
撮影後、飛び込んだ店で食べた熱いうどんは最高でした、生き返ります。
その土地土地での食べ物は自分にとって目新しく、とてもおいしく感じます。
関西とは味も違うので、面白くも感じます。
撮影とともに、これからは食べることも楽しみです。

黎明の浮島現象
s-1H2A6928のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS WB:晴天  天候:晴
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

リアハッチが壊れた

 2013-01-09
クルマも140000km走るとあちこちガタが来ます。
リアハッチのヒンジ部分のボルトが金属疲労?か折れて飛んでしまいました。
TOYOTAの話では、部品取り寄せ。
とりあえず、今回の遠征では、このまま行ってきます。
荷物の出し入れがちょっと不便です。どうか壊れませんように。
では、遠征してきます。
日本列島、未知の道路を走るのが楽しみです。

s-1H2A6807のコピー
雲間の太陽    キヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS  WB:太陽光  天候:晴  手持ち

空の表情は豊かです。疲れたとき、空を見上げて1枚シャッターを切ってみませんか・・・。
カテゴリ :乗り物 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大峯奥駈道に日が昇る

 2013-01-07
今年最初の大峰山脈より昇る朝日。
朝、3時起床、星空の下、オリオン座、北斗七星を木立越しに見上げながら登る。
なんとぜいたくな時間だろう。
ヘッドランプの光が足元を照らす。
雪がきらきら光りきれいだ。
つらい登り、めげそうになる気持ちを癒してくれる。
神々しいモルゲンロートと感動的な朝日を見たくて、今日もこうして登ってきた。
この素晴らしい、一連の時間をいつかきっとカメラを通して表現してみたい。
だから、また次も登ろう。

s-1H2A6767トリミングのコピー
 キヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS  WB:太陽光  天候:晴  奈良県天川村
カテゴリ :太陽 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

冬来たりなば・・・・

 2013-01-06
またまた、雪の大峰山脈へ。
1600m付近の春を待つ木に容赦なく、シベリア気団の寒気が吹き付けます。
ただひたすら春を待つ。
そんな健気な木々に、思わず声をかけたくなります。
春はもうすぐだぞ、と。

s-1H2A6566のコピー
キヤノン EOS5DマークⅢ  EF24-105/4L IS  WB:晴天  天候:雪

山にずっといると寒さには慣れますが、だんだん手足の指先の感覚がなくなってきます。
日没のころ、山は一気に冷え込んできます。
今日もヘッドランプの光をたよりに山を下ります。
カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

レンズ雲

 2013-01-03
朝、窓から外を見ると不思議なレンズ雲が出ていました。
写真のサイズが小さいので、わかりづらいかもしれませんが、気が付いたらとりあえず1枚。
とにかくシャッターを切る。
これが大事だと思います。

s-1H2A6495bのコピー
キヤノン EOS5DマークⅢ  EF24-105/4IS WB:晴天  天候:晴   手持ち
カテゴリ :大空 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ある港にいた!

 2013-01-02
3月よりスタートいたします、『フォトスクールとっておき!』おかげさまでAスクール(13:00~15:00)が定員となりました。
ありがとうございます。
Bスクール(15:30~17:30)夕方教室の方は余裕がありますので、これからお申し込みの方は、こちらの方へお願いいたします。
お問い合わせ、お申込みは masahiro-k@muj.biglobe.ne.jp までメールでお願いいたします。
お待ちしております。

さて今回は、初登場、日本海側で見かけた猛禽類、ミサゴです。
猛禽類は目がいいので、レンズを構えたら2カットで飛んでいきました。

s-1H2A6040aのコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6 IS WB:晴天 手持ち 天候:晴
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

さあスタート!

 2013-01-01
朝、飛び起きて、雑煮を食べる前に朝日を撮ってきました。

さあ今年も、がんばるぞ!


s-1H2A6475のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ EF100-400/4.5-5.6L IS  WB:太陽光 天候 晴  自宅付近から撮影
カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

新年おめでとうございます

 2013-01-01
s-IMG_0120のコピー
カテゴリ :ごあいさつ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫