大空に向かって

 2014-05-31
大峰の山にもブナの巨木が多くあります。
大峰山脈を縦走する紀伊山地の霊場と参詣道(大峯奥駈道)は世界文化遺産に指定されていますが、その自然もまた素晴らしく約1300年前から地域の人々に大切に護られてきました。
手つかずの状態の森も多く見られ、行くたびに新しい発見があります。
今回、久しぶりにヘリコプターからの空撮のお手伝いをさせていただき、あらためて大峰山脈から大台ケ原にかけての森の深さ、大きさを感じました。
その前日に登った時のブナの木です。空に向かって、のびのび手を広げていました。
            s-1H2A1386のコピー                                     キヤノンEOS5DマークⅢ キヤノンEF8-15/4L Fisheye USM 奈良県天川村

カテゴリ :樹木 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ブナとシャクナゲ共生の森

 2014-05-27
大峰山中でブナとシャクナゲが共生する素晴らしい森があります。かなり根性がないと入って行けません。
いつも友人に置いてきぼりにされ、美しいブナとシャクナゲを頭に思い描きながら登っています。(機材が重い)。
時には富山県山岳警察隊のように掛け声をかけながら(前にNHKでやっていました(笑))。隊長が素晴らしい人です。
先日登った時は一日中雨と濃い霧でカメラ・レンズがえらいことに。
いまだに部屋の中に転がして乾燥させています。
ブナもシャクナゲが咲くころちょうど新緑の美しい時期で若い木あり、巨木ありで霧が出ると素晴らしい光景が現れます。
その風景に引き込まれ、シャッター音だけが森の中に響き渡ります。
時が経つのを忘れてしまいます。

s-1H2A0416のコピー      キヤノンEOS5DマークⅢ  EF24-105/4L IS                    濃霧の大峰山脈
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

山の素晴らしさと自分の可能性

 2014-05-25
たびたび山に登ったり、いただいた原稿の執筆であったり、なかなかブログ更新できませんでした。
この前にも書きましたが、今年はとにかくすごい勢いで山の花が咲いています。
稜線上ですれ違う人が口をそろえて、いやー、美しい、を連発しています。
長い間、大峰の山に入っていますが、これだけすごい勢いで咲いてるのは見たことありません。
盆と正月が一気に来たような勢いです。おやじが残していったサツキ、長い間咲かなかった奴まで咲いていると
おふくろも驚いています。昨年のシーズンから今年にかけての気候の移り変わりを調べてみる必要があります。
おもしろい発見が隠されていそうな気がします。
ヘリコプターによる空撮、山の花を撮るフォトスクールの撮影実習、そしてまた花に会いに山に入ります。
s-1H2A0830のコピー       空をおおうアケボノツツジ                                  奈良県下北山村
カテゴリ :山の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

美しい花との出会い

 2014-05-18
今年山に入って思うのは、いろんな種類の花の花付きが非常にいいということです。
タムシバ(においこぶし)、ヤマザクラ、ツツジ、フジ、シャクナゲ、などなど思いつくだけでも
非常にいい花付きです。
このあと咲く花も期待できそうです。
山に入るのが楽しみです。
s-1H2A0119のコピー                                                        奈良県川上村
カテゴリ :山の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初夏の海

 2014-05-12
昨年から今年にかけてよく訪れる日本海。
海のない県、奈良県に生まれ育った私はその広さに心が解き放たれます。
ブナの新緑と残雪、ミズバショウ、峠のトチの巨木、さらにウスバシロチョウ舞う道を駆け抜けて
5月の青い海に出会いました。
本当に美しい海でした。
日本海を走る海沿いの道、カーブを曲がるたびに広がる素晴らしい風景。
風景写真をやっていて本当に良かった。
そう思わせる瞬間の連続でした。

s-1H2A9069のコピーキヤノンEOS5DマークⅢ   EF16-35/2.8L Ⅱ                              兵庫県 日本海
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雷鳴と新緑の木々のこえ

 2014-05-10
雹(ヒョウ)のたたきつける音、とどろく雷鳴に眠りを遮られてしまいました。
車の屋根はコンコンコンコン、フロントガラスはパチパチパチパチ、大粒の雹でした。
落雷とともに雹は激しくなり、車、凹んでるんと違うかな、と朝心配でした。
早朝より、撮影スタート。
逆光で見る渓流の新緑、田植えの水を張った棚田、芽吹いたばかりの木々の中に咲くヤマザクラなど
至福の撮影時間となりました。
s-1H2A8894のコピーキヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS                            岡山県北部
カテゴリ :緑の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ミズバショウ

 2014-05-10
ペンタックスリコー写真塾のあと、撮影に出かけてきました。
標高のある地点では、ミズバショウ、ザゼンソウ、キクザキイチゲそして新緑の中
ヤマザクラも咲いていました。
また、ヤマザクラや新緑のブナの木の根元には残雪もあり、大峰では味わえない新鮮な風景に出会えました。
標高があるためブナは新緑で目の覚めるような光景、ナラ系の木は芽吹いたばかりでまだ葉を伸ばし切っていない
何とも言えないまばゆい光景でした。
風はここちよく、ぜいたくな撮影取材となりました。
ミズバショウにレンズを向けたのは、何年ぶりだろう。
しかも西日本で、今の時期に撮れる場所があるとは。
これも自分で調べて、行ってみる楽しさかもしれません。

s-1H2A8344のコピーキヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4.5-5.6L IS                       岡山県北部
カテゴリ :初夏の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

あしびの花

 2014-05-07
今、山の中ではさまざまな花が同時に咲いています。
山櫻、つつじ、フジ、桐、シャガなど・・・、数えて行くときりがありません。
その中でも地味ですが、あしびの花は好きな花の一つです。
一般に鉢植えもされて、よく見かけますがやはり山の中に咲いているのが花付きもよく見事です。
この花を見ると、高校1年生の時、現代国語の教科書に出てきた堀辰雄さんの『浄瑠璃寺の春』を思い出します。
あれから、堀辰雄さんの本をよく読みました。なつかしいです。

s-1H2A7721のコピー
                                                      奈良県十津川村
カテゴリ :野の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

さわやかな風の季節

 2014-05-05
平野部の緑も日に日にその濃さを増し、季節は梅雨から夏に向かおうとしています。
山に入ると、ヤマザクラがようやく1200m付近で咲き、同時に美しい新緑の季節となっています。
さわやかな風に運ばれてくる新緑の香りと鳥のこえが体を癒してくれます。
風景写真をやっていてよかったなー、と感じる瞬間です。

s-1H2A7783のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4-5.6L IS                    奈良県十津川村
カテゴリ :緑の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫