空間

 2015-09-28
撮影ではよく構図のことが言われます。
みなさん苦心惨憺されているのが手に取るようにわかります。
切り取るのは本当に苦労しますよね。
ピントグラスに花を生ける、入江泰吉氏の言葉を思い出します。
広い空間に白いサギと赤いヒガンバナ。
間のとり方の妙です、被写体が小さくても、この中では十分な存在感を持っています。
s-254A1782_edited-1.jpg
キヤノンEOS7DマークⅡ   EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ
カテゴリ :草むら トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

シロバナマンジュシャゲ

 2015-09-28
今年はいろんな花が一週間ほど早いように思います。
ヒガンバナも日当たりや標高にもよりますが平野部はこれから終焉に向かいます。
一気に咲いて、一気に朽ちてゆく。
群れて咲くのも見事ですが、一本凛と咲く彼岸花もいいものです。
雨上がりのシロバナマンジュシャゲです。
s-254A1741のコピー
キヤノンEOS7DマークⅡ    EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ
カテゴリ :野の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

生きていく力

 2015-09-22
いま、彼岸花が盛りです。黄色い稲穂に赤い花が映えます。(奈良県地方)
しかし山手の田んぼや畑に行くと最近必ずと言っていいほど動物除けの防護柵、ネットが張ってあります。
イノシシ、鹿、サルその他外来種のものまで異常繁殖していると聞きます。
山に餌がないのはもちろん、天敵がいないことに加え、ハンターの方の高齢化による駆除が
後手に回っているとも聞いています。平野部でも次々被害が出ています。
このまま放っておくと、人間が食べる野菜穀物の争奪戦にならないとも限りません。
被害が多い地方自治体に任せっきりではなく、国を挙げての対策に本腰を上げないとえらいことになります。
動物がすべて悪いのではなく、人間が行った無責任な山野の開発や植えっぱなしの杉の植林政策のツケが回って
来ています。山は荒れています。
きょうの一枚はこの前、北アルプス山麓で見かけたタヌキの子たちです。
この子たちのように山奥深いところで暮らしてくれるといいんですが。
s-1H2A1578Tのコピー

カテゴリ :動物 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

野原の虫たち

 2015-09-18
少し前にキアゲハのデザインの美しさのことを書きましたが、トンボの羽もまた美し、です。
トンボにも種類が多くいて、私には名前がよくわかりませんが羽が透明であるにもかかわらず
赤い模様が絶妙で、これも素晴らしいデザインです。
昆虫のデザインの美しさ、秋の虫の音色の美しさ、今も窓の外から鈴虫のきれいな音色が聞こえてきます。
夕暮れ時の心が落ち着く瞬間です。
s-1H2A0839のコピー
キヤノンEOS7DマークⅡ      EF70-200/4L IS
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

狙い撃ち

 2015-09-18
7月の台風に始まり、8月9月とフォトスクールの撮影は雨にたたられています。
なぜか木曜日を狙い撃ち。
以前サラリーマン時代に水曜日を定休にしていた時、決まって撮影に出かけようとすると雨、ということがありました。
そんなときは、周りの人に水曜日は水(みず)曜日なんですと言っては笑わせていました。
しかしそのおかげで雨降りの日の良さや花や樹木がみずみずしいこと、天候の変わり目がシャッターチャンスということに
気づくことができました。
しかし今回の降り方は本当にひどい降りでした。
カメラ機材の手入れみんなうまくできたか心配です。
カメラ2台、レンズ6本、いまだに部屋の中で風に当てるため転がしています。

s-1H2A1799のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4.5-5.6L ISⅡ      ヒガンバナには雫が似合います
カテゴリ :野の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

さわやかな朝

 2015-09-14
相棒は本当に昆虫が好きです。
私は蝶の名前が全くわからず、よく聞きます。もちろん草花や樹木に詳しいわけでもありません(笑)。
ですから蝶の撮影にもおつきあいします、いろんなことを教わります。(感謝)。
私の得意ジャンルは風景ですがスポーツも好きですし(実際高校野球も撮っていました)、車も好きでF-1も鈴鹿で
数年撮っていました。
また鉄道も得意で(写真の道に入ったのも鉄道)撮影を始めて44年の月日が経ちました。
この前ひさびさに朝の琵琶湖に立ちました。
キヤノンEOS7DマークⅡの連写音が響き渡りました。やっぱり鉄道もいいなぁ。
s-254A1576Levelのコピー
カテゴリ :鉄道 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

キノコの山

 2015-09-14
遠征に行くと現地の看板とかを見て、ちょっと行ってみようかと相棒とそこへ向かうことがあります。
何とか湿原とか書いてあるととくに行ってみたい衝動に駆られます。
実際行ってみると本当に素晴らしい場所であったりすると、夢中で時間を忘れてシャッターを切ります。
今は何でもネットで調べて行ってしまうことがよくありますけど、何も見ずに自分で見ず知らずの場所に行ってみるのも
逆に素直に風景を見ることができて、傑作が生まれそうな気がします。
きょうの一枚は森の中で見つけたでっかいキノコ、ちなみにシューズの大きさは26.5cm。
この湿原の入り口には多種のキノコが見られました。いつか花咲くときに再チャレンジです。

s-R0014624.jpg
カテゴリ :きのこ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

タイムラグ

 2015-09-13
カメラの急速な進歩には目を見張るものがあります。
フイルムではとても手持ちで撮れなかった薄暗い森でも撮影できるようになりました。
特に森の中で蝶を撮ったり、鳥を追いかけるときはISOを上げてシャッタースピードを速くしたり
手振れ補正機構で手振れしにくくしたり、撮れずにあきらめていたものが撮れるようになりました。
しかしいくらカメラレンズが発達しても生き物の動きまでは予測できません。
飛び上がる時のしぐさや習性をもっとよく勉強しなければなりません。
また、齢(とし)とともに、シャッターを切るタイムラグが出てきて自分でも情けない時があります(笑)。
鳥や蝶は動きが不規則な分、新幹線(のぞみ)の真横撮りより難しいかもしれません。
s-254A1201のコピー
キヤノンEOS7DマークⅡ   EF100-400/4.5-5.6L Ⅱ  
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

芸術品

 2015-09-09
最近デザインのオリジナリティーをめぐり、かなりメディアで取り上げられました。
自分の視点で作り上げてゆく、これアーティストの基本です。
撮影をしていて思うのはこういったエンブレムであったりマークであったりデザインというのは自然の中に
けっこうヒントがあると思います。
人と同じものを撮って満足をする、人に見せびらかすなど、これパソコンで人のホームページの作品を
コピペしてるのと何ら変わりません。
このキアゲハの羽のデザイン見てください。
自然が作り出したデザイン、素晴らしいと思いませんか。
s-254A0202のコピー
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

気温

 2015-09-07
秋の訪れとともに復活するものがあります。
暑いとどうしても冷たい飲み物に手が伸び、忘れ去られたものがあります。
コーヒーです。
アイスコーヒーという手もありますが、香りを楽しむことができません。
これからはコーヒー豆の香りと味を楽しめる季節となります。
秋の深まりとコーヒーの楽しみ、撮影にも気合が入ります。
きょうの一枚は、久々のシブい一枚です。
やっぱり滝がいいなぁ。
s-1H2A1767のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ      EF16-35/2.8L Ⅱ
カテゴリ :コーヒー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

虫の声

 2015-09-06
朝夕は本当に涼しくなりました。
クルマで走っていても、虫の音が聞こえてきます。
涼しげでいいです。
奈良では花はホテイアオイ、場所によってはヒガンバナ、そしてソバの花へと続いてゆきます。
山では、ヒヨドリバナにアサギマダラ(渡り蝶)が気持ちよさそうに舞っています。
この子たちももうしばらくすると南の国へ長い旅に出るのです。
s-254A0777のコピー
キヤノンEOS7DマークⅡ   EF70-200/4L IS                          奈良県上北山村
カテゴリ :渓谷 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雨上がりの高原

 2015-09-02
また次に来たら撮ろう、ということをよく耳にします。
あるいは、帰りに撮ろう、ということを言ったりする方があります。
これはフォトスクールとっておき!では禁句です。
次に来たとき天気は同じですか、同じように花は咲いていますか、光は同じように当たっていますか?
桜の木だって大きな台風が来るとひとたまりもなく折れてしまいます。
また、撮る側の気持ちだって違うと思います。
体調がいい時と悪い時では見え方も変わってきます。
その時出会えた風景を大切に、気持ちを込めて撮影したいものです。
きょうの1枚はピーカンで撮影した高原、その翌日は一転して大雨になりました。
前日は気にも留めなかった花が、わたしたちを撮ってください、と話しかけてくるようでした。
やはり写真は出会いです。
s-1H2A1326のコピー
カテゴリ :野の花 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫