ミズナラのころ

 2015-10-26
今年の山の紅葉は急ぎ足で山を下ってきたような気がします。
みなさんがお住まいの地域の山の紅葉はいかがだったでしょうか。
ウルシや桜の紅葉からカエデに入り、さらにダケカンバや白樺へと移って行き
ミズナラ、そしてカラマツへと紅葉は移ろいました。
ミズナラが美しい姿を見せてくれる頃、白樺はすっかり葉を落としますが、その白い幹が印象的で
夢のような風景が広がります。

s-1H2A6330のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ
カテゴリ :山の紅葉 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

植生・樹種の違い

 2015-10-20
紀伊半島と中部地方より以北では植生・樹種の違いが明らかで同じカエデでも種類が多岐にわたり
紅葉の発色の仕方、枯葉までのプロセスが異なるように思います。
ウルシ、ヤマザクラから始まりブナ、ミズナラ、トチ、ホウ、ダケカンバ、白樺などなど樹種がそのほかにも
多種多様で色鮮やかです。
紀伊半島でも鮮やかな紅葉はありますが比較的地味な紅葉が多く、比較されると見栄えの点から
フォトコンテストなんかでは負けるかもしれません。
しかし、自分の視点をしっかり持っていれば人の心に伝わる作品は必ず生まれます。
被写体に振り回されず、カメラに撮らされない、自分らしい作品作りを目指しましょう。
大峰山脈をホームグラウンドにしている人が撮った飛騨山脈の一コマです。
s-1H2A4342GDのコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ
カテゴリ :山の紅葉 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

リンゴの季節

 2015-10-19
遠征は続きます、さらに。
紅葉がどんどん麓に向かって下りてきます。
まだ見ぬ風景を見にクルマは走ります。エンジンオイル交換も何度目だろう。
紅葉撮影の遠征の楽しみの一つに温泉があります。
今回はかけ流しの温泉に入れたので最高でした。
すぐ目の前で源泉が湧出しており、チョー気持ちよかったです。
しかしそのあと星の撮影が待っていたので、もう一度入れたらなぁ、無理な話ですが。
また、現地の食べ物を食するのも楽しみの一つです。
友人は、また肉(牛と豚)食べてる、と言いますが鶏肉を食べないものでしかたないと思っています。
だから、野菜もしっかり食べるようにしています。
果物は大好きで家の中にミカンと柿の木があり、秋は果物に困りません。
ただ、大好きなリンゴは奈良では栽培できませんので、遠征先で買うのが楽しみです。
今回も撮影の道すがら、いつもの場所で見た今年のリンゴです。
家にリンゴの木がないので、リンゴの実がなっているのは不思議な気がします。
s-1H2A4091のコピー
カテゴリ :果実 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

黄金色(こがねいろ)の時間

 2015-10-13
撮影ツアーで行く場所というのはたいていが有名撮影地であったり、観光地であったりします。
確かに自然条件が整い(天気がよく、花が満開であったり、紅葉の最盛期であったり)有名撮影ポイントは美しいです。
しかし、誰が撮ってもコピーしか撮れません。
今のカメラは、シャッターを押せば撮ってくれます(撮っているのではなく)。
定番写真も撮ればいいと思います。
ただ、自分の目で観察した自分らしい作品を作って行くのがこれからの写真の楽しみではないでしょうか。
どこかで見た、キレイキレイの作品はもういいです。綺麗ですが作品としては見ていません。
カメラに撮ってもらうのではなく、風景に撮らされるのではない、自分らしい作品、そんな撮り方ができる人がフォトスクールで
一人でも多く出てくれるといいなぁ。
きょうの一枚は乗鞍岳山麓の紅葉に朝一番の光が入った瞬間です。
s-254A2054Gのコピー
キヤノンEOS7DマークⅡ    EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ
カテゴリ :朝の光 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

滝撮りのあと

 2015-10-12
今回の撮影ツアーのメインはもちろん滝。
しかし行きかえりで観察していると紅葉が予想より早く降りてきて、見頃を迎えていました。
透過光のカエデは本当に美しい。
s-1H2A3599のコピー
カテゴリ :山の紅葉 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ここは風の通り道

 2015-10-11
遠征隊、帰還いたしました。
今年は紅葉が早く進んでいます。
昨年、二十日過ぎてから美しかったところがもうすぐ見ごろを迎えようとしていました。
焦るなぁ・・・。
今回撮影ツアーにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
頂上では、前日はマイナス6度だったとのこと。あたりはガスの中だったとも聞きました。
一日入れ替わり逆に良かったかもしれません。
朝、標高2600mの山の稜線を雲が気持ちよさそうに越えていきました。
s-254A2093Gのコピー

カテゴリ :雲 霧 靄 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

特別天然記念物

 2015-10-06
約1週間ほど空いてしまいました。
大丈夫です、生きています(笑)。
あちこちから紅葉の便りが聞こえだし、ちょっぴり走ってきました。
ライチョウにも会うことができ(何年ぶりだろう)中身のぎっしり詰まった遠征となりました。
あさってから、もう一度遠征です。
s-1H2A3031のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫