朝の海

 2016-02-20
今年に入り日本海をたびたび訪れますが、荒天の日本海にまだ出くわしていません。
この前の教室のバス撮影実習でも好天に恵まれ、沖縄の海を思わせる青い海を見ました。
さあ、これから花のシーズンです。
雨降りが似合う花もありますが、美しい色合いを撮ろうと思えばやはり晴れに越したことがありません。
どうか今年の撮影ツアーは秋までうまくいきますように(花の咲く時期の予想が今年も難しい(笑))。
きょうの一枚は朝の日本海。
s-1H2A2806のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フォトスクール とっておき 第10期生(2016年3月~6月) 募集のご案内

 2016-02-17
フォトスクールとっておき!2016年3月~6月募集s-1H2A1013aのコピー

デジタル、フイルム いずれでもOKです。
今から写真を始める方も大歓迎です!(途中からの入校も可能です、ご相談ください。)
また、中途退校(自己都合による)の場合の受講料の返金は不可です。

撮影実習はバスで現地へ向かう場合と現地集合・現地解散の場合があります。
座学のみ見学OK。見学を希望される方はご連絡下さい。

受講料:26.000円(分納可)4カ月集中講座:月2回、最終月のみ3回 計9回
     (撮影実習でのバス代・入園料等は別途となります。)
講 師:米谷昌浩・林幸恵

定 員: 20名募集(Aスクール・Bスクールそれぞれ風景撮影・マクロ撮影(自然)を
      素直に楽しむフォトスクールです。

会場: 大阪府立江之子島文化芸術創造センター 2F 多目的ルーム8
          大阪市西区江之子島2丁目1番34号
          大阪市営地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、
8番出口から西へ約150m。

2016年3月~6月座学  Aスクール12:30~14:30 / Bスクール 15:00~17:00

    10期は1回目は撮影実習、2回目は座学になります。6月は3回目はまとめ座学になります
※(実習は天候・被写体によって日時・場所が変更になることがあります。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実施日     内    容              場 所   Aスクール     Bスクール

①3/3(木)     撮影実習 野外バスの場合ナンバ、大阪駅前より出発します
②3月17日(木)  前回実習作品研究 教室 A12:30~14:30 B15:00~17:00  

③4月7日木)    影実習 野外バスの場合ナンバ、大阪駅前より出発します
④4月21日(木)  前回実習作品研究 教室    A12:30~14:30 B15:00~17:00

⑤5/11~12日(水・木) 撮影実習 野外バスの場合ナンバ、大阪駅前より出発します
⑥5/19(木)         前回実習作品研究 教室  A12:30~14:30 B15:00~17:00

⑦6/2(木)      撮影実習 野外バスの場合ナンバ、大阪駅前より出発します    
⑧6/9(木)      前回実習作品研究 教室 A12:30~14:30 B15:00~17:00
⑨6/30(木)     まとめ作品研究教室   A12:30~14:30 B15:00~17:00

フォトスクール 今後のスケジュール予定
第11期 2016年7月~10月 

お問い合わせ・お申し込みは
米谷昌浩写真事務所まで
携帯 090-3676-8712  FAX 0743-57-2245
PCメール masahiro-k@muj.biglobe.ne.jp

カテゴリ :フォトスクール とっておき! トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

米谷昌浩 風景写真教室 第7期生(2016年3月~6月) 受講生募集

 2016-02-17
米谷昌浩 風景写真教室 第7期生(2016年3月~6月) 受講生募集
s-1H2A4564のコピー

受講料:26000円(分納可)4カ月集中講座:月2回、最終月のみ3回 計9回
     (撮影実習でのバス代・入園料等は別途となります。)
講 師:米谷昌浩

定 員:20名
     風景撮影を素直に楽しむ教室です。
     デジタル、フイルム いずれでもOKです。
     雄大な山の撮影から身近な花の撮影、鉄道が走る風景、さらにドラマチックな風景から心に優しく語りかける
     1枚の作品まで、自分らしい作品作りをされたい方、お待ちしています。
     
     もちろん、今から写真を始める方も大歓迎です!(途中からの入校も可能です、ご相談ください。)
     (なお、中途退校(自己都合による)の場合の受講料の返金は不可です。)


会場: 大阪府立江之子島文化芸術創造センター 2F 多目的ルーム8
          大阪市西区江之子島2丁目1番34号
          大阪市営地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m。

教室: 開講時間 午前10:30~12:30 
第7期は毎月、1回目は撮影実習、2回目は座学になります。
※(実習は天候・被写体によって日時・場所が変更になることがあります。)

実施日 (教室は毎回水曜日、バス撮影実習は木曜日です。)                          
①3/3日(木)      バス撮影実習  野外  ナンバ、大阪駅前より出発します
②3/16(水)       前回実習作品研究      教室  10:30~12:30          
③4/7(木)        バス撮影実習        野外  ナンバ、大阪駅前より出発します
④4/20(水)       前回実習の作品研究    教室   10:30~12:30
⑤5/11(水)~12(木)撮影実習(1泊2日)  野外  全行程バスを使用します
⑥5/18(水)       前回実習の作品研究    教室   10:30~12:30
⑦6/2(木)        バス撮影実習        野外  ナンバ、大阪駅前より出発します
⑧6/8(水)   前回実習の作品研究    教室  10:30~12:30
⑨6/29(水)    総まとめ           教室  10:30~12:30

フォトスクール 米谷教室 今後のスケジュール予定
第8期 2016年7月~2016年10月
第9期 2016年11月~2017年2月

お問い合わせ・お申し込みは
米谷昌浩写真事務所まで
携帯 090-3676-8712  FAX 0743-57-2245
PCメール masahiro-k@muj.biglobe.ne.jp
カテゴリ :フォトスクール とっておき! トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

海辺

 2016-02-16
山の中にいると豊かな植生と四季の移ろいに感動しますが、海岸線に出るとまた違う風景が見えてきます。
日本列島は本当にすごい地形から成り立っています。
海岸線から数十キロで三千メートル級の山が連なるのですから。
山に囲まれた奈良で生きてきた自分の目に飛び込んでくる海の風景は毎回新鮮に映ります。
今回は撮影で訪れた日本海側の漁港の一コマ。
s-1H2A2464のコピー
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ちょっと一息

 2016-02-13
取材撮影の合間に撮った一コマ。
この橋梁を訪れるのは26年ぶりで当時は宮津線のさよなら運転としてC56型蒸気機関車が走りました。
今は天橋立への観光列車としてレールバスがのどかに走ります。
この風景、大好きです。
s-1H2A2904A
カテゴリ :鉄道 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

静寂

 2016-02-08
今ではすっかり有名になった白川郷。
世界遺産登録、そして大挙して押し寄せる海外からの旅行客。
かつて雪に閉じ込められていたこの山里は厳冬の今の時期も人で溢れています。
いつかこの旅行ブームがおさまり静寂を取り戻したころ、また訪れることにしよう。
                           
s-1H2A4505のコピー
    キヤノンEOS5DマークⅢ   EF24-105/4L IS (蔵出し)
カテゴリ :山村の風景 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

曇り空

 2016-02-06
朝一番は美しい三日月が出ていましたが、どんどん雲が出てきました。
きょう朝の奈良上空を飛ぶ航空機はこれがぎりぎりでした。
s-254A4465のコピー
s-254A4530gtのコピー
  キヤノンEOS7DマークⅡ   EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ   ANA B-787   羽田→伊丹
カテゴリ :飛行機 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今週は缶詰

 2016-02-05
今週は教室がありました。
同じ場所で、みなさんほとんど違う作品が出来上がるのが面白く、不思議です。
こちらも非常に勉強になります。
今週は、明日も書類整理で家で缶詰です。
明日は、朝焼けの中を飛んでくる飛行機を狙うつもりです。EOS7DマークⅡの出番です。

きょうの一枚は蔵出し。
夜の飛騨古川で見たつららです。黄金糖の飴を思い出しました(笑)。
s-1H2A1605のコピー

カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫