標高1300m付近

 2011-02-13
大空のどこにこれだけの水があるのだろう?って思うくらい今年の雪の量は半端ではありません。
地球は水の惑星ですから、当然、海から、地表からの水が雨となり雪となって降ってくるのは理屈ではわかるんですが、でも不思議です。
大峰の山は、春まで深い眠りについています。
山の上では、ほとんど動物の足跡は見かけませんでした。
雪が深すぎて食料がないのでしょう。
そんな山の上からの1枚です。
1000m付近から上は完全に森全体が凍っています。s-R0010153 コピー
RICOH CX4
カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫