元気を出していこう!

 2011-11-27
非常に気になっていた十津川村。
恐る恐る行ってきました。
山の稜線近くから、谷底までニュースで見る以上に大きく崩れていました。
今も避難所で生活されている方がいらっしゃると思います。
本当に、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く、復興されますように、もと通りの生活が戻りますように。

国道以外にも、報道はされていませんが、いつも入る林道も奥で大きく崩れていました。
川筋も上流からの土砂の堆積、流木が散乱しており、大きく様相が変わっていました。
水だけが、やけに透明で異様な流れです。

そんな中で、季節はいつも通り進んでゆきます。
ことし、台風で痛めつけられた木々はきっと来春、力強く芽吹いてくることでしょう。
そういった木々の力強さをこの目で確認したい、冬も森に入り、やがて来る春までしっかり木々を見守り続けよう、いま、その思いでいっぱいです。
困難に負けそうになる自分、そんな自分をいつも励ましてくれるのが自然であり、山の木々です。
すごいダメージを受けた木々たちを、撮影という手段で今度はしっかり見守っていこうと思います。

きょうの一枚は、そんな森で見つけた一枚の朽ちゆく葉っぱです。
葉脈の美しさです。
sR0011283 コピー
カテゴリ :山の紅葉 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫