黒潮

 2013-02-02
このまえ、熊野に行った時のこと。
熊野本宮大社前の展示館にありました。
2011年の紀伊半島を襲った想像を絶する集中豪雨は多くの被害と尊い命を奪った水害として
記憶に新しく、その傷跡は今も随所に見られます。
この木製の『大峯奥駈道』の案内板は流され、熊野川を下り太平洋に出て黒潮に乗り、伊豆の城ヶ崎海岸に
漂着したそうです。
自然は時として牙をむき、時として悠久の時を経て、人の心を打つものを見せてくれます。
大自然の前には無力な人間、自然に対して感謝の気持ちを忘れるな、黒潮に乗って太平洋を旅したこのプレートから
そんな声が聞こえてきそうです。

s-大峯奥駈道木製プレート
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫