涼しげな色

 2013-07-30
さまざまな被写体と対峙していると、どんな暑いときでも、その被写体が涼しげな色をしていると、暑さを忘れる瞬間があります。
このトンボを見たとき、そんな気分になりました。
それは音であったり、香りであったり、五感を研ぎ澄まして被写体を見つめる。
撮影には大事なことだと思います。

s-1H2A5850のコピー
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫