コブを越える

 2013-11-04
久しぶりの更新です。
あまり更新しないと、またケガか、とみなさん心配されるので頑張って、できる限り更新します。
実は、登る山、コース取り、体調によっては疲労困憊の時があります。
また、読図力の無さには自分でも呆れるときがあります。今回は文字通り、読みが浅かった・・・・・。
しかしいったん山に入ると、登る気力が出ます。不思議です。
カリマーのザックの中身はキヤノンのデジタル一眼、レンズ数本、ペンタックス645NⅡとこれまたレンズ数本。
さらに、ベルボンの三脚、カッパ、飲料水などなど、とにかく重い。
今回登った山(稜線)は、フタコブラクダのコブが×2のように並んだ山でちょっと参りました。
普通の山行きは登りで高度がどんどん上がり景色も良くなり、帰りはザックの重みは肩にかかるものの下りなのでそんなに苦にはなりません。しかし、今回のコースは行きに上り下りが4回くらい続き、帰りに同じパターンがまた4回続くというもので、当分行きたくない、そう思ってしまう、いやらしいコースでした。
奈良県南部の山岳地帯は山が深い、そしていろんな未踏の山があり、本当に奥が深い。
あらためてそう思う、きょうこのごろです。

最後の登りで夕日が頂上付近にかかりました。

s-R0013053のコピー    リコーCX4                                              奈良県上北山村

もう一枚は翌日に1000m付近で撮った紅葉です。
s-1H2A9119のコピーキヤノンEOS5DマークⅢ   EF100-400/4.5-5.6L IS    WB:太陽光  CPL        奈良県五條市
カテゴリ :山の紅葉 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫