吹きっさらしの中で

 2013-11-27
晩秋から冬へ。
季節はゆっくり、そして着実に移って行きます。
いま、奈良は雨が降っています。
標高1600から1700mあたりの大峰の山々は雪だろうか。
動物たちはどうしているんだろう。
雪の大峰山脈へ思いは募ります。
この写真を見ていると、あの時、吹きっさらしの中で撮影している自分の姿が思い起こされ、
風の音が聞こえてきそうです。

s-R0011492のコピー   吹雪く大峰                                        奈良県天川村(昨年の記憶から)
カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫