豪雪大峰山脈と温泉

 2014-02-15
日本列島全体が吹雪のカーテンの中にすっぽり入ってしまいました。
大雪警報が出た奈良県地方。
大峰山脈に分け入ったのは水曜日、穏やかな朝、気温はマイナス9℃。
撮影でじっとしているのがつらくて、岩の上で大声で歌っていました。
2日目はさらに標高を上げて、稜線伝いはほどほどの積雪。
スノーシューを持って上がりましたが、何とか12本爪アイゼンでも行ける雪の固さ。
樹氷の森はガスに包まれ冬らしい幽玄の世界。
3日目は朝から猛烈な降雪で、踏みあとのない林道を気持ちよく車を走らせ、1日としては記憶にない積雪量の中、
シャッターを切りまくりました。
冷え切った体を癒してくれるのは、やはり温泉。
1日目、2日目とも貸切状態で最高でした。
キーンと冷えた体が溶けていく感じです。
雪山のあとの天川の三湯(洞川、天の川、みずは)おすすめです。

s-R0013363のコピー       リコーCX4                                                奈良県 天川村

s-R0013371a  ごらんの通り 前日にここを通った時、雪はなかった、午前中だけでこれだけ降った、クルマが埋まるかと思った

カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫