生きていく力

 2015-09-22
いま、彼岸花が盛りです。黄色い稲穂に赤い花が映えます。(奈良県地方)
しかし山手の田んぼや畑に行くと最近必ずと言っていいほど動物除けの防護柵、ネットが張ってあります。
イノシシ、鹿、サルその他外来種のものまで異常繁殖していると聞きます。
山に餌がないのはもちろん、天敵がいないことに加え、ハンターの方の高齢化による駆除が
後手に回っているとも聞いています。平野部でも次々被害が出ています。
このまま放っておくと、人間が食べる野菜穀物の争奪戦にならないとも限りません。
被害が多い地方自治体に任せっきりではなく、国を挙げての対策に本腰を上げないとえらいことになります。
動物がすべて悪いのではなく、人間が行った無責任な山野の開発や植えっぱなしの杉の植林政策のツケが回って
来ています。山は荒れています。
きょうの一枚はこの前、北アルプス山麓で見かけたタヌキの子たちです。
この子たちのように山奥深いところで暮らしてくれるといいんですが。
s-1H2A1578Tのコピー

カテゴリ :動物 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫