常緑照葉樹の森

 2015-12-12
南紀方面の滝は常緑照葉樹の中にあるものが多い。
海岸線と山に分け入ると滝があり、撮影する側としてはバラエティーにとんで面白い。
今回入ったところは情報なしで地元のマップをもとに入ったので、滝としては物足りなく
看板は立派でも『これは滝と違うやん』というものがほとんどであった。
あれが滝なら赤目は四十八滝×10になってしまう(まあ四十八というのは多いことのたとえですが)。
やっぱり同じ南紀でも紀伊半島の東側に回り込まないとだめなのかなぁ。
そんなことでガックリきているときに空を見上げるとなんと鮮やかな紅葉、12月というのにやはりここも
紅葉が遅れているようである、常緑照葉樹の暗い森から見る紅葉もいいものである。

s-1H2A8874のコピー
キヤノンEOS5DマークⅢ  EF24-105/4L IS
カテゴリ :山の紅葉 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫