久しぶりのレントゲン

 2016-04-24
ここのところの撮影ツアー、撮影実習、撮影セミナーなどなど重い機材を伴った仕事が続きました。
うれしい悲鳴ですが、それと引き換えに腰の方も悲鳴を上げてしまい、座っているのがつらい状態に。
とはいえ桜の終焉と新緑の季節。
家でゴロゴロするわけにもいかず、撮影続行。
久しぶりのホームグラウンド天川村へ。
ザックを担いで(腰痛いのに)6時間くらい撮影。
翌日はついにドック入り、レントゲン。
診察の結果、やはりショルダータイプのカメラバッグは禁止令が出ました。
しかし、久しぶりに自分の背骨写真を見ましたが非常にきれいに並んでいました。
各骨の間隔もきれいで軟骨も減っているところがなく、大丈夫との太鼓判。
しかし痛いので痛み止め、お決まりの湿布をもらい腰にはベルト、ひとまずは安心。
山用ザックはカメラの出し入れが不便なので、何か工夫をしようと今思案中。
どなたか、アウトドア用品メーカーの方、山で使えるカメラザックの開発、一緒にやりませんか。
カメラ用品メーカーのものは簡単に出し入れができても腰で担ぐことを考えていないので、すぐに肩に来ます。
とにかく、早く痛みが取れますように。
s-1H2A9271DのコピーキヤノンEOS5DマークⅢ  EF100-400/4.5-5.6L IS Ⅱ

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫