FC2ブログ

朝ぼらけ

 2020-03-24
盆地の朝。
霧が出た日は朝の光が入り、晴れてゆく時間帯が美しい。
朝ぼらけ、小学校の校歌にこの言葉が入っていた。
大和国原(やまとくにばら)朝ぼらけ♪
朝ぼらけ、なつかしい響きです。
s-DSC00810のコピーSONY  α7RⅣ   FE100-400/4.5-5.6 GM OSS
カテゴリ :雲 霧 靄 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春 風 (はるかぜ)

 2020-03-11
風のきつい一日でした。
花粉症には厳しい季節です。
特にこんな風の日は外出がつらく、マスクもそうですが目がチクチクします。
目薬が手放せません。
でも、家にいると気分が滅入るのでこんな日は外で撮影するに限ります。
春風に桜が大きく揺れます。
風に飛ばされることもなく気持ち良さそうに咲いていました。
花粉はきついけど、開放感のある外で風に吹かれている方が体にはいいか・・・・・。

s-DSC00967のコピーSONY α7RⅣ  FE100-400/4.5-5.6 GM OSS
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

夜明けは来る

 2020-03-03
沖行く船に位置を知らせる灯台。
GPSで現在地がわかる便利な時代になりましたが、真っ暗闇の海ではさらに灯台の明りで位置を確認して航行します。
沈滞ムードですべて下向きな、嫌な空気が漂っていますが、人がこうするからとか、一人だけ違う方向むいたらどう思われるとか。
もちろんいろんな情報を見て、聞いて、集めるのは大事なこと。GPSを使い、灯台を見るのと同じ。
でも、自分の行動を決めるのは自分です。
自分で考えずに、扇動に乗って動いてしまうと後悔するのは自分、だれも責任は取らない。
今こそ自分で考えて動ける人になりましょう。
いいチャンスじゃないですか。
光る灯台の向こうに朝はやって来ます。

s-1H2A4549のコピー三重県 大王埼灯台                                                                                                                                                                                     
カテゴリ :灯台 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

春の海へ

 2020-02-28
内陸部ではさんしゅゆ、梅、早いさくら、セツブンソウ、フクジュソウなどなど次々に開花していますが、
海岸部ではまだまだ冷たい風が吹きすさびます。
雲があったりでなかなかスカッといかない日もありますが、世間の喧騒をちょっと忘れて広々とした海を眺めに行きませんか。
まもなく、奈良東大寺二月堂のお水取り(修二会)も始まります。
もうすぐ、春です。
s-DSC03110のコピーSONY  α9  FE16-35/4 ZA OSS                                       Kyoto Pref.


カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雨上がり

 2020-02-23
サクラは種類が多くて名前を特定するのが難しく、○○桜としておきます。
間違った名前を書くとチェックが入りますので(笑)。わかる方教えてください。
さて、うちの近所には世界遺産あり、SNSによく出てくる公園ありで撮影には事欠きませんが
意外と近くにあると行かないものです。
しょっちゅう眺めていると、有難みが無くなります。
新緑の頃なんかはバイクに乗り、駅まで法隆寺の五重塔を見ながら風を切って走るなんてぜいたくですよね。
でも、遠くに見える大峰の山が好きなんですよね。
ほんとにぜいたくな話というか、みんなが奈良へ来るのがわかります。
大和は国のまほろばなんです。

s-IMGP2636DのコピーPENTAX KP  DA60-250/4 ED
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

週明け寒波?

 2020-02-15
自然相手の撮影は本当に難しい。
特に今年の冬はメチャクチャ。
撮れてないだけに、ちょっとイライラ。
まあ、仕方ないんですけど、とにかく出かけないとだめです。
シャッターを切らないとストレスが溜まります。
あすは、雨みたいですけど、行きます、行きます。
もう麓から撮影を始めようと思っています。
雨でもなんでも撮るぞー!!
すみません、米谷のひとりごとです(笑)。

週明けは、こんな雪の付き方、してくれないかなぁ・・・。
s-DSC02915のコピーSONY α9  FE24-105/4 G OSS
奈良県 大峰山系              
カテゴリ :寒波 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

風の仕業(しわざ)

 2020-02-09
さすがに氷点下十数度まで下がると、湖も一部凍りだします。
分厚く張る、とまでは行きませんが、びしっと張った氷は氷紋や時には雪が降ったりで美しい姿を見せます。
しかし、ひとたび風が吹くと音を立てて亀裂が入り、岸辺に打ち寄せられ重なり合います。
それはそれで水が織りなす冬の風景の一コマ。
夕暮れ時のブルーモーメントが似合います。
こういうのを撮る瞬間が楽しいです。

s-DSC07370DのコピーSONY α7RⅣ  FE100-400/4.5-5.6 GM OSS
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ようやくの凍結

 2020-02-08
やっとこさ寒波が来襲。
弾丸遠征に行ってきましたが、収穫の多い遠征でした。
イメージしていたものが撮れましたが、気温が下がり過ぎて暖冬の後のこのきつい冷え込みは何?
クルマも久しぶりの塩まみれ。
高速道路、塩まき過ぎ、まあスリップしても困りますが。
まるで相撲の土俵のような高速でした(笑)。
でも雪道は大好きですね、あの雪を噛んでゆく音が好きです。
s-DSC07133のコピーSONY α7RⅣ  FE100-400/4.5-5.6 GM OSS
カテゴリ :凍てる トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

沖を照らす

 2020-02-05
灯台は基本的に岬の高台にあります。
普段からイノシシの掘り返した跡や昼間からあまり人が近づかないような場所にあるほとんどの灯台は不気味なくらい静まり返っています。
遠くから静かに見守る。
闇に浮かび上がる灯台の美しさは筆舌に尽くし難いものがあります。

s-IMGP2292aw.jpgペンタックスKP  DA60-250/4 ED SDM         世界の歴史的灯台100選  日本の灯台50選  美保関灯台

カテゴリ :灯台 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ようやくの冬らしさ

 2020-01-31
1月もあっという間に終わり、さあ2月です。
今日は強風吹きすさぶ、寒い一日でした。
1月はいろんなことが立て込み、なかなか新年のごあいさつも出来ず、会いたい方にも会えず来ておりましたが、
ようやく、きょう果たすことができました。
自分一人では何もできません。
いろんな方の支えがあってのことです。
人に感謝、自然にも感謝の心を忘れず、今年も邁進してまいります。
まもなく節分、みなさま、よろしくお願いいたします。

s-DSC04553のコピーSONY  α7RⅢ   FE100-400/4.5-5.6 GM OSS                          奈良県天川村

カテゴリ :冬山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫